ダーラナ

スポンサーサイト

スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
*Edit TB(-) | CO(-)  ▲PageTop

2012年「初夢」が…

ダーラナ

正月三が日」は日本だけなのでしょうか?
こちらは、2日から仕事始め。

私も、ダーラナで家族と一緒にまだ、休暇中とは云え、


●年末にあった再試(@大学)の採点が終わっていない!

●修論主査の準備(審査する修論を全部読み通し、修論内容に関する口頭質問を)を全然やっていない!!!

●先月日本でした仕事の報告書を、日本の大学の事務局に早く提出しなければならない!(旅費・日当は、仕事をした日本の大学から支給されたもの)

●高校生に出しておいた宿題の添削を全然やっていない!!!

…と、ホーム・オフィスでも出来る仕事は山積状態で、昨日(2日)から手をつけるべきでした。


私は普段なら、仕事を溜めたり先送りにするのはしない質なのですが、休暇中だと
なまけの虫がしっかり居ついてしまい・・・って感じで、重い腰が1トン級になって、テコでも動かない。


でも、そんな私でも無意識のうちにも、”仕事をせねば!”の気持ちがあったのか、元旦夜と昨夜の夢は、シリーズもの。おまけに、

与えられたデータを自分で解析しながら、大学でデータ解析の講義を行う

というものでした。データは、オーロラに関する科学データだったり、任意アンケートで取得してきた非数値データだったり、と多種多様でした。したがって、夢の中で当然データ解析手法で、相当に悪戦苦闘するハメに陥っていました。

あ~、夢でよかった。。。
まぁ、これは、自分が自分に対して仕事をしなさーい!警告を発していると、解釈します(苦笑)。


***
それにしても、これがストレス満載な今年・2012年を象徴する、初夢・正夢であったとしたら、、、というわけで、こうして公表した次第です。


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
スポンサーサイト
*Edit TB(0) | CO(0) ▲PageTop

今度はもっとコンスタントに・・・

ダーラナ

また暫くご無沙汰してしまいました。
先日まで日本で仕事をしていて、おとといスウェーデンに戻ってきました。
来年こそは、もっとコンスタントにここに書き込めるよう、精進(?)します

…ところで、2011年も残すところ、今日(12月30日)を入れて2日だけ
今は、キルナに直接戻らず、夫の実家のあるダーラナで、ようやく年末年始休暇に入っています。
ただ、日本に行っていた間に、こっちの方の仕事が山積しているので、それを片付けながら、、、いつの間にか新年・休暇終了になっている可能性大、です。(トホホ)

まぁ、来年も家族一同元気にやっていければOK!として、このブログにおいては去年から引き続いてのテーマでやっていこうと現時点では思っています。


***

ところで、スウェーデンに戻ってきて驚いた最初のことは、雪がない!

ストックホルムは分かるにしても、ダーラナの少なくとも南の方は全く雪がない!
おまけに(最悪なことに)、雨が降っているし。。。

何か秋からの天気が継続しているようで、全然、年末・年始という気分が出ません。

聞いた話だと、スカンディナヴィア半島上空のジェット気流が大きく(北寄りに)蛇行していて、その”スポット”に南からの暖かい湿った気流が流れ込んでくるのが、雨と高温の原因らしいです。
その蛇行の”つけ”が、日本上空に下りてくる寒気団のもとになっているのは、多分ありうる話。

まぁ、そうすると温暖化による暖冬とは一概には言えないですねぇ~。
(正直、日本にいる時、「絶対日本の方が寒い!」と小言いってましたし:苦笑)

そういうわけで、今年の2月の家族総出・日本帰省時に撮った写真なのですが、着物が年末・年始らしいというだけの理由で、子供達の七五三の写真を掲載して年末・年始気分を(かなり”個人的”ですが:苦笑)盛り上げようと思います。

旧年と同様、新年もよろしくお願い致します。


shichi-go-san1shichi-go-san2





にほんブログ村 海外生活ブログ 北欧情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 科学ブログへ
にほんブログ村
*Edit TB(0) | CO(0) ▲PageTop

ビングフュステンマン・アルスペルに初参加!

ダーラナ

スウェーデンの伝統・民間伝承音楽フォルクムジーク(folkmusik)をやっている人間なら、

ビングフュステンマン(Bingsjöstämman)を知らなかったら、絶対に”もぐり”!

と言うくらい、有名なダーラナ・ビングフュにおける音楽家の集まり(=ステンマ)

Bingsjöstämman (Official website)

ビングフュって本当に小さい村で、最初は

何でこんな所で、スウェーデン最大&最も知名度の高い、ステンマが行われるの?

と疑問に思ったものですが、まぁ、そういう歴史なのだから疑問はさておき、とにかく行ってみるわけです。


bingsjo10_01


ところで、このビングフュステンマンの大きな特徴(まぁ、他のステンマでも同じような傾向はありますが…)は、

音楽家も、それを聴く聴衆達も、(プログラム以外は)好きな場所で好きなスタイルで奏でたり聴いたりできる

ことであります。
従って、写真の通り、聴衆の多くは、ピクニック気分でこのビングフュに来ています。


bingsjo10_02
白い天蓋がついてステージが、プログラムの”一部”用のステージになっています。従って、このステージで演奏しているのはゲスト奏者

bingsjo10_03
プログラム以外のところでは、この通り、好きな曲をみんなで演奏したりと、本当に自由なスタイルでこの集まりを楽しんでいます。

bingsjo10_04
我が家からは、義父を除く(自家用車に彼が乗る分の余裕がなかったため!^^;)全員がこのステンマに行きました。私が持っている楽器がニッケルハルパ(Nyckelharpa)です。ちなみに、この写真を撮ったのは6歳になったばかりの娘です。



…さて、初めてビングフュステンマンに来たのは2002年の8年前。その時一緒に行った、ニッケルハルパを弾く、日本人の知人に憧れて、ようやく1年半前にニッケルハルパを入手して、

音楽家として、ビングフュ・デビュー!

となりました。
この日のために、100%ではないけれど、ダーラナの代表的なアルスペル(allspel)用の曲をマスターしてきました!

アルスペルとは、プロ・アマ問わず音楽家みんなで演奏すること、そして、その演奏のための曲のことです

下の写真は、アルスペルのために白天蓋付きステージに集まった音楽家達です。私は、ニッケルハルパが”幅”をとるために、他のニッケルハルピスト達とかたまってステージの”袖”にいます。従って、写真では判別は不能です。


bingsjo10_06bingsjo10_07


ところで、ビングフュステンマンくらい大きい集まりになると、フィドル以外の楽器も目にすることがあります。


bingsjo10_05bingsjo10_08bingsjo10_09


上の、一番左の写真には、ダーラナ地方の伝統的な晴れ着(フォルクドレクト、folkdräkt)を着てフィドルを演奏する少女達が写っています。
残りの写真には、セックピーパ(säckpipa、スコットランドのバグパイプとはちょっと違います)と、未知の楽器(調べておきます^^;)が写っています。


*****


大学での、秋学期の講義の準備(コンペンディウム(教科書と講義ノートの中間)の執筆とコンピュータ・ラボ課題の準備)のために、暫く(1~2週間)集中的に仕事をしなければならないので、再び、お休みします。
早くて8月頭、遅くても8月下旬頃には戻ってきて再開します。

それでは、皆様には引き続き、良い夏をお過ごしください!

*Edit TB(0) | CO(2) ▲PageTop

ダーラナ…「伝統」と自然に触れる

ダーラナ

早速ですが、下の写真は

何の器具で、何をやっているか

分かりますか?


harmsarvet10_01

harmsarvet10_02


正解: ”干し草”を作るための、草を刈っているところです。

ダーラナ(Dalarna)は、ファールン(Falun)の郊外、そこに、

Naturskolan/Harmsarvet

と言うものがあり、

ファールン市の”プロジェクト”として、伝統的なダーラナの農園経営と風景を保存しよう。そして、農園経営の一環で小学校児童に”農園生活体験”をさせよう

と言うものです。


harmsarvet10_04harmsarvet10_05
harmsarvet10_06harmsarvet10_07


上一連の写真は、干し草作り準備の様子です。

この詳細と、Naturskolan/Harmsarvetにおける写真は、

Dalarna/Falun - Harmsarvet

をご覧ください。



*Edit TB(0) | CO(0) ▲PageTop

子供達のJulkalender

ダーラナ

写真は、昨日、義母から送られてきた、子供達それぞれのjulkalender(ユールカレンデール、アドヴェント・カレンダー)です。

義母は、とにかく手先が器用で、手芸が得意な人ですが、この作品にはひたすら脱帽です(^^;)。
子供達の、狂喜。彼女は、孫達の喜ぶツボをよーく心得ています。


julkalender09


朝いつも、グズグズと起きる子供達も、今朝は”競うように”起きてきました。

ママ、今日(12月1日)の分の、パッケージ、開けてもいい?

ダーラナには20日に帰省するので、19日分までしかありませんが、クリスマスまでの残りの日、毎日に楽しみがあり、楽しく過ごせそうです(注:子供達にとって)。

*Edit TB(0) | CO(6) ▲PageTop

Index ~作品もくじ~

 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。