◇◇◇談話室・北極圏<別館>◇◇◇

さわりを読む▼をクリックすると更新された内容の冒頭部分がご覧になれますので
久しぶりのご訪問の方は、こちらで未読・既読のご確認ができます

スポンサーサイト

スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
*Edit TB(-) | CO(-)  ▲PageTop

【別館】山スキー…「雪崩」のこと

(春)冬山

lavin_vadve


上の写真で、何か気づく点があるのが、お分かりでしょうか?

写真に写っているのは夫ですが、これからスキー(山スキー)で下っていく先の、雑木林に変わった点があるのに、お気づきでしょうか?

これ、雪崩があった所なのです。

山スキーをする際に、特に気をつける点の一つが、これ・雪崩です。

雪崩に遭わないに越したことはないのですが、こうして雪崩があったところは再び雪崩が発生しないとも限りません。しかも、雪崩がいつあったかによって雪質が微妙に変わっていて、そこを山スキーで通ることが安全である保証は何一つありません。

写真は、2003年春(イースター)に山スキーをやった時のものですが、場所は、ヴァドヴェショッカ(Vadvetjåkka)国立公園の麓に近いところなので、スノーモービル乗り入れ禁止、従って、あまり人が入ってこない地区です。

人が入ってこない所なので、雪崩に遭遇した(巻き沿いになった)人はいないと思われますが、自然の力は、凄いですよ、本当に、特に、実物を目撃すると。

ここの雪崩はあってから随分時間が経っていたようなので、ここを通過するには何も問題はありませんでしたが、この日の気温は、プラス気温。次の雪崩があってもおかしくない気温だったので、慎重に通過したのを覚えています。

ところで、ヴァドヴェショッカの頂上付近は、こんな(↓)感じです。

vadve_nationalpark


これから、麓に向かって滑り降りるところです。この山スキーに同行してくれたのは、夫の幼馴染で大学時代の友人と、その彼の(当時)サンボ。
スポンサーサイト
*Edit TB(0) | CO(0) ▲PageTop


 更新履歴カレンダー


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。