FC2ブログ

◇◇◇談話室・北極圏<別館>◇◇◇

スポンサー広告

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
*Edit TB(-) | CO(-) 

科学(その他)

Women in Physics

新学期が始まりました。
今学期は、大学での講義はなく、高校での講義だけを受け持ち、大学の方では研究に専念することにしました

私は、教員免許は持っていないので(だから、高校でも講義なのですが)、その講義と云うのが、
●宇宙科学・工学
●電子回路

で、スウェーデンでも、私立で、あるテーマに特化した高校でないと上記のような教科は教えませんが、日本ではまず絶対にあり得ない教科でもあります
…そもそも、電子回路は一応教育庁から指定されている正規教科ですが、宇宙科学・工学は講義を行う高校独自の教科であり、電子回路もそうですが、宇宙科学・工学になると

教員免許を持っている、高校教師なんていない
(電子回路を必須科目にしている高校は、あってももの凄く少数)

と言う実状のために、数年前からパートタイムの講師を引き受けています。

スウェーデンの高校生は、日本の高校生と比較にならないくらい英語が達者ですが、一応講義はスウェーデン語で行うことが前提となっているので、私のスウェーデン語の練習にもなるので、よい機会ではあります


***
…とここまで長々と書いてきましたが、これはこの記事の本題ではなく、以下が本題です。

そうそう、大学の方では研究に専念と云うくだり。

今もらっている研究費は、大学のではなく、外部機関からのもの。しかも、先端研究や、発明・開発に係わる女性研究者を支援すると云うのが研究費の名目でもあります。

従って、近いうちに催される、

Nordic Network for Women in Physics

と云う、ロシアも含めた北欧4ヶ国(デンマーク、スウェーデン、ノルウェー、フィンランド)で持ち回り開催されるコンファレンスに、今やっていることを発表するために参加・出席する予定です。

このコンファレンス、男性の参加も実はOKですが、

私の参加の大きな目的は、今やっている研究に近い将来参加してくれそうな”物理を専攻する女子学生”に対する、研究内容の”売り込み”

です。…これは、後で「プログレス・レポート」として外部機関に提出レポートに、研究が該当する分野での、女性研究者の”開拓”として記す項目でもあるからです。


***
高校で教え始めてからまだ数年しか経っていませんが、私が教える宇宙科学・工学は物理をベースとしたもの。そしてこれまで、

「この子(女子)なら、物理でやっていけそう!」

と思える女子生徒には、まだ出会っていません。

高校では一般科目とは別に、3年生は卒業プロジェクトをやることになっていますが、私が(多少なりとも)面倒を見た、物理系のプロジェクトに関わったのは全て男子生徒
ただ、今年は、一人の女子生徒が

「天体物理学で卒業プロジェクトをやりたいので、相談に乗ってくれる?」

と言ってきているので、”草の根”的、Women in Physicsの開拓への、第一歩として、楽しみにしています。


にほんブログ村 科学ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 海外生活ブログ 北欧情報へ
にほんブログ村

スポンサーサイト
*Edit TB(0) | CO(0)

~ Comment ~















管理者にだけ表示を許可する

~ Trackback ~


Back      Next


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。