FC2ブログ

◇◇◇談話室・北極圏<別館>◇◇◇

スポンサー広告

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
*Edit TB(-) | CO(-) 

北スウェーデン

こんな論文で…

昨日の記事:Women in Physicsの最後の方で記したことの、続きみたいなものです。

教えている高校で、今学期(新学期)から3年生になる一人の女子生徒が興味を持っているのが、

ESA主催・高校生のための「高エネルギー天体物理学」コンテスト
(※日本語名は私が勝手につけています)

ESA(European Space Agency, 欧州宇宙機関)が2002年に打ち上げた、数十keVから数(十)MeVの領域で、X線・γ線で狭視野のイメージ及びスペクトラムをとる、Integral(INTErnational Gamma-Ray Astrophysics Laboratory, インテグラル宇宙望遠鏡)に関する、高校生のための科学コンテスト、です。

コンテストは、観測、解析、ミッションプラン、造型の、4つのサブカテゴリーから選択するものです。…個人的に、

●高校生に、フルのミッションプランなんて、出来るのかな???
インテグラルの模型をつくる、造型だけ、何か趣旨が分からない

ってところがありますが、最初の2つの観測、解析に絞って、しかも、私自身がインテグラルのことは何も知らない状態であったので、(論文として)入手出来る、最近の、インテグラルによる成果をサーチしてみました。


***
最近、Sciencexpressという、ピアレヴューをやっているのだかやっていないのだか、よく分からない、レター・ジャーナルから出版された論文を読んだ時のこと。。。

テーマは面白く、一応結果と結論が出ているのだけれど、論文全体としては、1) データ解析が杜撰2) 示されている図が恣意的で、かつ情報量がもの凄く少ない

と云う、おまけに、「ESAが、こんな論文をプレス・リリースしていいの?」というひどい代物にかち合ってしまいました。

…ふーぅ、多少古くても、ちゃんとしたジャーナル(Astrophys. J.とか)から出ている論文を検索してみようと思いました。
…それにしても、やっぱり、MeVガンマ領域の天体物理は技術的に難しいのかな。。。


にほんブログ村 科学ブログへ
にほんブログ村
スポンサーサイト
*Edit TB(0) | CO(0)

~ Comment ~















管理者にだけ表示を許可する

~ Trackback ~


Back      Next


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。