FC2ブログ

◇◇◇談話室・北極圏<別館>◇◇◇

スポンサー広告

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
*Edit TB(-) | CO(-) 

宇宙科学・工学

天文学的暗黒物質に「二票目」!?

以前、天文学的暗黒物質に一票!?と云う記事を書きましたが、この時は、

木星型惑星(巨大ガス惑星) (褐色)矮星

で、暗黒物質候補として数えるにはちょっと無理がありましたが、今回は

大気温度が非常に低い、褐色矮星(=Y型矮星)

なので、確実票だと私は読んでいます。


NASA's Wise Mission Discovers Coolest Class of Stars
(※私はこの記事を読むまで、Wise (Wide-field Infrared Survey Explorer) Missionなんて知りませんでした。)


私は天文屋ではありませんが、大学での、受け持ち講義の内容の関係で、太陽系外惑星探査・観測における、物理学的観測原理と、観測技術については、ある程度は勉強したつもりなので、観測技術の現時点での限界はセミプロ並には把握している、と思っています。

今回、Wiseミッションが見つけた100個の褐色矮星のうち、6個が太陽系から40光年以内に存在する、Y型矮星であると同定されました。
これは統計的に見ても、これまで知られてこなかった「ミッシング・マス」を説明するのに足りる量になりうると思いますが、、、上記の記事を読むと、天文屋さんはその辺は非常に慎重で、「暗●物質」のどの文字も見受けられません

まぁ、確かに、全球走査が行われたわけではなく、こうした冷たい褐色矮星の生成過程と(例えば、銀河系内)分布はまだ何も言える状態ではないので、当然と言えば当然ですが。

…それでも、こうして天文学における観測技術の向上は、宇宙に対する、人間の知見の刷新を次々と促していくので、それだけでも常にアンテナ張って耳をすます価値はあると思います。

…ただ、今回ここで扱ったのは、赤外線天文学。私にしたら全くの未知の分野です。これを機にお勉強してみます。


にほんブログ村 科学ブログへ
にほんブログ村
スポンサーサイト
*Edit TB(0) | CO(0)

~ Comment ~















管理者にだけ表示を許可する

~ Trackback ~


Back      Next


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。