FC2ブログ

◇◇◇談話室・北極圏<別館>◇◇◇

スポンサー広告

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
*Edit TB(-) | CO(-) 

北スウェーデン

高校生とハイキング(写真付き) --- 秋のニッカルオクタ

今日はソフトで、かつハードな話です。


***
スウェーデンの小学校から高校まで、初秋や晩春に、フリールフトダーグ(friluftdag)というものがあります。

一日、教室を離れて、自然のことを学ぶのが目的で、要は遠足やハイキングをするわけです。

私は今日、高校のfriluftdagに参加してきました。
大学で仕事する気分ではなかったし、そもそも、山に行くのであれば、何を差し置いても行くと云う訳で、”のこのこ”とついていきました(笑)。

行き先は、スウェーデン最高峰・ケブネカイセ(Kebnekaise, 2113m)の入り口、ニッカルオクタ。
このあたりのいくつかの山小屋で、夫と一緒に山小屋管理人を経験したことがありますし、従って、いくつかの山頂と”主要なところ”は制覇済みでしたが、一箇所だけ

いつか行こうと思いながら、5年以上も機会がなかった

ところがあります。


nikka110902_01
登山道入り口で、最後の”確認・注意事項”通達



nikka110902_04
行きたいのは”やまやま”ならぬ、この山(写真中, 1080m)の東側に広がる、森林限界上のプラトー。


上写真でもお分かりのように、キルナ(北スウェーデン)の山では黄葉・紅葉が始まっています。行きたいところはプラトーですが、黄葉・紅葉した下界が一望できる、まさに絶景ポイントの一つなのです。


nikka110902_02nikka110902_03
登山道入り口から6kmの地点で一度全員集合した後、そこからプラトー行き組と、湖のほとりでの~んびりする組に分かれて、プラトー組は進軍を開始


私は当然、プラトー行き組でしたが、そこで(高校生の)引率を任されてしまいました。で、ここで大きな誤算

私は同年代の男性と比べても、山歩きに関しては技術も体力もある方だと自負していました。が、

高校生の、”底なしの”体力は想定外で、しかも彼らのペースは”不規則で”あるので、自分のペースが狂いっぱなし

早いうちに、先に行きたい生徒に道を譲って先を歩かせるハメになってしまいました(苦笑)。


nikka110902_05
プラトーまでは結構急な坂道がずっと続きますが、木立の間から遠景がこうして望めます。写真中の湖が見える辺りが登山道入り口です。さらに、時間の経過とともに段々天気も良くなってきて、色彩のコントラストもくっきりしてきました



nikka110902_06
プラトーに到着!登山道入り口がある辺りの湖もくっきり見えます。私は結局、山歩きに慣れていない生徒さん達と”後から”プラトーに到着。先に行った生徒さん達は、上から2番目の写真に写っている山の頂上を目指して行進継続中(苦笑)。


…まぁ、自分の目的はしっかり果たせたので、十分に満足していますが、、、それにしても、若い人達との体力の差をまざまざと見せつけられ、ちょっと↓↓↓な感じにもなりました


***
そうそう、何がソフトで、何がハードかと言うと、

●ソフト=荷物(リュックサック)が相当軽かったとはいえ、歩いた距離はたかだか往復で20km
●ハード=高校生の体力に、全く対抗できなかった!




にほんブログ村 海外生活ブログ 北欧情報へ
にほんブログ村
スポンサーサイト
*Edit TB(0) | CO(0)

~ Comment ~















管理者にだけ表示を許可する

~ Trackback ~


Back      Next


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。