FC2ブログ

◇◇◇談話室・北極圏<別館>◇◇◇

スポンサー広告

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
*Edit TB(-) | CO(-) 

自然科学

5年ぶりの「大」磁気嵐・・・のはず


多分、ネットを通じてもうご存知の方々もいらっしゃるかと思いますが、

SpaceWeather.com

で、

1。M9-class(※)のコロナ質量放出(coronal mass ejection,CME)が太陽表面で観察された。
2. 最大太陽風速度が2200 km/sに達した(※2)。
3. そのCMEが、地球磁気圏にヒットしたのが、ノルウェー・ローフォーテン(Lofoten)にある地上観測装置で確認された。

と、5年前の大CMEの時と、似た状況が報告され、オーロラ・ウォッチャーはいまかいまかとオーロラ出現を待っているはず。

※:ある周波数の電磁波(この場合、X線)が、どのくらいの量観測されたかを、”クラス分け”したもの。絶対値よりも相対値の意味づけに重きが置かれているクラス分けで、M9クラスは、観測頻度としては高くない(=稀。ただし、太陽活動状況にもよる)。

※2:平均的な太陽風速度は400 km/sなので、5倍強にのぼることが伺える。


・・・ちなみに、キルナの上空はまだ静かです。

つまり、大CMEに伴う大磁気嵐になるとしたら、むしろ、キルナよりずっと緯度の低いところでの方が、オーロラが見られるはず

端的に言ってしまうと、ストックホルム、オスロ、ヘルシンキでの方が、オーロラが見られるはず

それから、、、今日のキルナは、

マイナス20度よりさらに気温が下がっている

ので、そう頻繁に外には出たくないんですよねぇ~。




にほんブログ村 海外生活ブログ 北欧情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 海外生活ブログ スウェーデン情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 科学ブログへ
にほんブログ村
スポンサーサイト
*Edit TB(0) | CO(0)

~ Comment ~















管理者にだけ表示を許可する

~ Trackback ~


Back      Next


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。