FC2ブログ

◇◇◇談話室・北極圏<別館>◇◇◇

スポンサー広告

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
*Edit TB(-) | CO(-) 

宇宙科学・工学

地球の”他力”浄化作用


太陽活動活発化で、宇宙ゴミ減少?

確かに、太陽活動が活発になると、熱圏(物理的には、熱伝導性が卓越している)はより温められ、

中性粒子のscale height/スケールハイト(=kT/mg)

は増大するので、結果、熱圏が膨張するわけですが、

2011年更新版・高度別宇宙ゴミの空間分布(個数/km^3)(Wikipediaより。ソースはNASA)

によると、確かに、

LEO(Low Earth Orbit、<1000 km)上の宇宙ゴミは、膨張した熱圏に取り込まれてしまうので、大気との摩擦がより多くなり地球に落ちる確率が高くなる

ようです。
ちなみに、熱圏の外は、外圏(exosphere)と呼ばれ、平均的に高度1000kmからはじまると言われています。

ところで、ここから言えるのは、

宇宙ゴミ/スペースデブリは、地球が”自己の”浄化力で解決できる問題ではない

ということ。

とにかく、次回太陽活動極大期(2013~15年)に向けて、宇宙ゴミが本当に減少するか、経過を見守っていきましょう。


にほんブログ村 科学ブログへ
にほんブログ村
スポンサーサイト
*Edit TB(0) | CO(0)

~ Comment ~















管理者にだけ表示を許可する

~ Trackback ~


Back      Next


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。