◇◇◇談話室・北極圏<別館>◇◇◇

スポンサー広告

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
*Edit TB(-) | CO(-) 

宇宙科学・工学

本当に「掃除屋」になりうるの???


CleanSpace One

という、YouTubeのクリップを観ましたが、、、

Space debrisを少しでもなくそう!の考え方には賛同できても、方法論が1.従来の衛星打ち上げと何ら変わりない、2.捕捉する「宇宙ゴミ「のサイズは捕捉衛星と同規模(”ナノ”衛星と呼ばれるものでも数十cmの大きさ)という、そもそも計画そのものに、意味が感じられません。

まぁ、どこからか手をつけなければいけない訳ですが、

例えば、ISSで船内でも船外でも本当の脅威は、ねじ1本でも引き起こされる

ことなのです。

・・・個人的見解を言わせてもらうと、

ヨーロッパの多くの国々で、宇宙進出=大なり小なり、衛星を打ち上げたい、傾向が如実に見られる

ので、結局、その考えの延長にしか見えないわけです。

・・・まぁ、衛星を好きなだけ打ち上げて、スペース・デブリ候補を作り出して、それによって後出の衛星が(ヒットされて)ダメージを受ける、という、チェーン・リアクションを一度経験しないと、結局現実は分からないのかな?と、傍観的にみていますが。。。

・・・ヨーロッパの、こういう近視的考え方が、欧州経済危機にも見えているのでは?、とも思っているところです。


にほんブログ村 科学ブログへ
にほんブログ村
スポンサーサイト
*Edit TB(0) | CO(0)

~ Comment ~















管理者にだけ表示を許可する

~ Trackback ~


Back      Next


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。